快適生活

スポンサードリンク

ハイレゾ

ハイレゾが、オーディオにおいて注目されています。ハイレゾとは、高解像度を意味する「ハイ・レゾリューション(High Resolution)」の略で、様々なジャンルで使われますが、オーディオでは、一般的に、CDが収録できる情報量(44.1kHz/16bit)を大きく超える解像度を持つ音源データを「ハイレゾ音源」と呼んだり、また、それらの音源を再生できるオーディオプレーヤーを、「ハイレゾプレーヤー」などと呼びます。



ハイレゾ音源の代表的なスペックとしては、96kHz/24bit、192kHz/24bitなどがあり、例えば標本化(サンプリング)については、96kHzならCDの約2.18倍、量子化については、24bitなら16,777,216段階とCDの256倍ものきめ細やかさで表現できます。



すなわち、96kHz/24bitでは、音楽CD(44.1kHz/16bit)の約3倍の情報量をもち、192kHz/24bitでは、音楽CD(44.1kHz/16bit)の約6.5倍もの情報量をもつことになります。大容量のため、ネット上で販売・配信が行われます。



音は、高い音は周波数が高く、記録時の標本化(サンプリング)周波数が高いほど、より高い周波数の音も記録でき、標本化が44.1kHzなら上限が人間の可聴限界とされる約20kHzの高域音、標本化が96kHzなら約50kHzの高域音、標本化が192kHzなら約100kHzの高域音まで収録できます。



音楽CDの標本化(サンプリング)周波数が44.1kHzなのは、人間の可聴限界とされる約20kHzの高域音をかろうじてカバーしているためですが、20kHzを超える音は聴覚以外の器官で感じるなどの説もあり、20kHz以上の高域音がオーディオの音質に関与している可能性が指摘されています。



そのため、高い標本化(サンプリング)周波数での記録が求められているわけです。また、収録されている最も小さな音の大きさと最も大きな音の大きさの比をあらわすダイナミックレンジの数値が大きいほどダイナミック(躍動)が感じられ、良い音を聴ける目安のひとつされています。



人間が聞き分けられる最も小さな音の大きさと最も大きな音の大きさの比のダイナミックレンジは、約120dB程度とされています。



CDの16bitで表現できるダイナミックレンジは、約96dBで人間の聴覚限界に対して物足りないレベルだったといえます。そして、ハイレゾの24bitのダイナミックレンジは144dBと大きな数値を得ることでより迫力のあるサウンドを楽しむことができます。



したがって、スペック上は、ハイレゾ音源は、スタジオやコンサートホールで録音された状態をなるべく忠実に再現でき、歌手の声や楽器の高い音や細かい音がリアルに聞こえ、あたかも、歌手が自分の前で歌っているように感じることができるなど、CDでは再生できない空気感・臨場感まで表現する事が期待できるといえます。



もっとも、「ハイレゾ」は音を収録するシステムに過ぎません。出来の良くない音源やプレーヤーも存在し、CDよりも必ずしも高音質であるとは限りません。



ハイレゾ音源を楽しむのに必要なものには、ハイレゾ音源対応オーディオ機器(ハイレゾ対応デジタルオーディオプレイヤー、ネットワークオーディオプレイヤー等)とインターネット接続環境が必要となります。



また、パソコンでもVista以降のOSで、ハイレゾ再生ソフト(無料のものから有償のものまでさまざま)を使用することで、インターネット接続環境であれば、聴くことができます。



その際、ヘッドホンを接続するか、あるいはパソコン用のスピーカーを接続するだけで、ハイレゾ音源を再生する事はもちろん可能です。しかし、それではせっかくのハイレゾ音源の高音質を充分に楽しむことはできそうにありません。ぜひともハイレゾ音源対応機種と接続することで、CDを超えるハイレゾ音源を満喫したいところです。



ハイレゾ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。